ラスベガスがもっと楽しくなる、Las Vegas Web Japan にようこそ!


■ メンバーズカードを作ろう!無料! ■
以前は、プレイヤーズカードとも言い、カジノでプレイしたポイントしか貯まらなかったが、現在では、飲食、お買い物、アトラクション、系列内の全ての支払いの際、「メンバーカード」の所有を聞かれ、提示するとポイントが貯まる。
持っているだけで、割り引きをしてくれるレストランもあるので、作らないと損!

■■ カードの種類 ■■ 
各ホテル1枚でなく、系列ホテル共通。
メンバーズカード
「M life」(MGM系列)
マンダレイベイ、ルクソール、エクスカリバー、MGMグランド、ニューヨーク・ニューヨーク、モンテカルロ、アリア、ベラジオ、ミラージュ、サーカス・サーカス。
「Total Rewards」(シーザースパレス系列)
プラネットハリウッド、パリス、バリーズ、クアッド、フラミンゴ、クロムウェル、ハラス、シーザースパレス。
「Grazie」ベネチアン、パラッツォ。
「Red Card」ウィン、アンコール。
その他、単独系のカジノで
「TI」「コスモポリタン」「トロピカーナ」

ラスベガス中心部のグループ系列は、統合が進んでいますが、2014年現在、大きく分けて4つのグループになります。宿泊ホテルのカードを作る以外に
「M life」「Total Rewads」の2枚は作っておきましょう。

■■ 作り方 ■■
ホテルのカジノフロアに、カード名を書いたカウンターがあります。(深夜はクローズになります) そのカウンターにある用紙に、名前、生年月日、住所、居住国、電話番号、メールアドレス、を英語で記入して、ID(パスポート)と一緒に提示すれば、直ぐにカードが出来上がります。
無料!
用紙に記入する手間を省いて、メモに書いて行っても構いません。また、紛失する事も考えて、複数枚作っておきましょう。
(他人はポイントを利用する事ができないので、紛失しても大丈夫です。)

ポイントは、買物や食事ではレジに出すだけ。スロットは専用の差し込み口に入れるだけ(抜き忘れに注意)。テーブルゲームはディラーに渡すだけ(ゲームの途中で返してくれます)。で、ポイントが貯まります。
カジノでは勝ち負けは関係ありません。いくら賭けたかが対象となります。

■■ 特典 ■■
ポイントが貯まると、カードがグレードアップされ、それに見合った特典があります。
バフェへの優先入場、空港からのリムジン送迎、お部屋のグレードアップ、宿泊代無料等。
特典の対象となるまでには、日本円で数百万。(カードに有効期限はありませんが、ポイントの有効期限は、約1年。)
一般人には程遠い金額なので、レストランでの割引き利用や、記念として持ち帰りましょう。

郊外のローカルカジノのメンバーズカード「Boarding pass」は、Tシャツやタオル、ビールやワイン、少ないポイントでバフェの無料券、等、もらえたりしますが、車のない観光客には少し無縁の話です。


■ お薦めスポット アトラクション編 ■
■■ ストラトスタワー絶叫マシン ■■(10時〜翌1時、金土翌2時)
ストラトスフィア
中心部から北へ約4km(タクシーで$25程度)、高さ350mのストラトスフィアタワーの最上階にある絶叫マシーン。
日本でもテレビで何度も紹介された事があるので、見た事ある人も多いと思うが、遊園地の絶叫マシーンとは、また違う恐さで、世界でここだけ。
絶叫マシンが好きな人は、是非、体験してみよう!

「Big Shot(ビッグショット)」$15
最上階にあるフリーフォール。フリーフォールと言っても、先端までゆっくり上昇し落ちるものでなく、打ち上げられるタイプのもの。
←左写真の上部、アンテナのように見えるのがそれ。
エックススクリーム
「X scream(エックススクリーム)」$15
8人乗りのライドがタワー外部(下は当然何も無い)に移動し、上下に動き、シーソーのようにライドが前後に動く。

「Insanity(インサニティ)」$15インサニティ
2人乗りのブランコが5台、タワー外部まで移動し、高速で回転する。
回転すると言っても、ブランコのシートは内側を向いているため、高速時には、下を向いているような感じになる。

上記3つのライドの料金($15)は、どれに乗るかのチケットを買ってから、タワーのエレベーターに乗る。3つのライド全てに乗る場合は$35。1日乗り放題は$36。

●ワンポイント
「夜間でなく昼間に乗ろう!」
上記のライドに夜間乗ると、「夜景の中での体感」と言う感じが強いが、昼間乗ると、ビッグショットでは、遠くの山並みが一気に下に消え、高度を感じる。また、他のライドでは、眼下に地上が見えるため、かなり恐い。ライドに乗るなら、昼間がお薦め!
しかし、ここからの夜景も素晴らしい。ライドも夜景も楽しみたいなら、日没前(日が沈んでも約30分間は明るい)に行き、ライドに乗ろう!

「Sky Jump(スカイジャンプ)」$119.99〜
簡単に言うと、タワーからのバンジージャンプ。
(気軽に何度も乗れる上記のライドとは異種なので、こちらに記載。)
普通のバンジージャンプは、最下点からゴムの収縮で何度か戻りがあるが、スカイジャンプは、左右にワイヤーが張ってあり、そのワイヤーに誘導され真直ぐに落下。自分が付けたワイヤーで着地スピードもコントロールされる。
とは言え、パラシュートを付けて高層ビルから飛び降りる高さなので、通常のバンジーとは比較にならない。詳しくは
こちら(プレイボタンでYou Tube が再生。)
こちらも、トライするなら昼間がお薦め!



■■ 世界一の観覧車ハイローラー2014年4月〜 ■■
ハイローラーフラミンゴとクアッド(旧:インペリアルパレス)の間に、「THE LINQ」と言うレストラン&ショッピング街ができ、その奥に世界一の観覧車「ハイローラー」が、2014年4月より運行開始!

10:00AM〜2:00AM 
(昼間$25、夜間$35、+販売手数料$2)
高さ約167m、2014年の時点では、世界一の観覧車。
約40人乗りのゴンドラが、約30分で一周。
ツアー、友人、知人等の、グループ人数にもよるが、40人乗りでも、およそ15〜20人程度で乗るので、ハイローラー内部反対側の景色も見える。陽気なアメリカ人と一緒になると、楽しい!

チケットは、ネットで事前購入もできるが、キャンセルできないので、現地で買うのが一般的。
チケットの販売機が奥の右手にあるが、「調整中」が多いので、販売機手前右の乗り場入り口のカウンターで購入するのが簡単。後は通路に沿って進むだけ。
途中、手荷物検査がある。(アルコールの持ち込み不可。水は可。)
その後、売店エリアがあるが、右にあるトイレに行っておこう。(30分はトイレに行けない)

ハイローラーの公式HPは
こちら。期間限定でルームキーを提示してチケットを購入すると$5引きなどの特典もあるので、フラミンゴかクアッド宿泊者は、チェックしてみよう!
ちなみに、
ショッピング街「THE LINQ」は、奥のハイローラーで行き止まり。ショップも新しい物が多いので、チェックしてみよう。




 お薦めスポットその1に戻る


メインページを出す

Copyright 2002 LVW All rights reserved.