ラスベガスがもっと楽しくなる、Las Vegas Web Japan にようこそ!


■ お薦めスポット 食事編 ■
■■ バフェ ■■バフェ
滞在中の食事は、各ホテルのバフェ($20程度の食べ放題)が便利!
レストランなどで英語のメニューを読む必要もなく、オーダーした物が不味くても我慢して食べる事もない。
【1】列に並んで先に会計をする。【2】席への案内係りに「How many pople?(人数)と聞かれる。【3】席に案内されたらドリンク係りがドリンクを聞きに来るので、ドリンクを注文する(Coffee・Coke・Teaなど、アルコールは別料金)。【4】戦闘開始!(何度往復しても良いし、汚れた皿はテーブル係りが片付けてくれる)。【5】満腹になったとこで、$1程度、テーブルチップを置いて出口へ。
たった、これだけ!英語が苦手な人も少しの英語で、好きな物をたらふく食べれる!

朝食とランチタイムとディナータイムの間はクローズがあり、料金もメニューも、少し異なるので注意!24時間営業のバフェは少ない。
今日はミラージュ、明日はパリスと、各ホテルのバフェを食べ歩こう!

●ワンポイント
昨日、茹で蟹が美味しかったからと言って、今日も美味しいとは限らない。塩辛いこともあるので、少し取って味見を。(何度往復しても構わないので、残してしまう程の取り過ぎには注意!)
また、美味しいと感じるのは個人差があり、$30以上のバフェは、必ず美味しい物があるとは限らない。安いバフェでも美味しい物があるかも。



■■ 寿司&シーフード バフェ ■■
「TODAI」TODAI
プラネットハリウッド、ショッピングモール「ミラクルマイルショップス」内、右奥(南東入り口)。
通常のバフェより$10程料金が高く、本格的な寿司ではないが、日本人の口に合うメニューが物が多いように感じます。

通常のバフェは、先に料金を支払いますが、ここ
TODAI皿は、後払いになっています。
通常のバフェの料金には、アルコールを除くドリンク代も含まれますが、ここは、ドリンク代($3:お代わり自由)は、別料金なので、不要な人はオーダーする必要なし。お水は無料!

●ワンポイント
レシートが、「7日以内に行くと20%OFFのクーポン」になっている場合があります。
レシートを捨てる前に確認して、行かないと思ってもお財布に入れておきましょう!



■■ 和食 ■■
郊外ではリーズナブルな和食店もあるが、中心部では、高級日本食レストランが多い中、蕎麦・うどん・丼物など本格的な和食店。(日本語が通じるのも嬉しい)

「浜田(HAMADA)」 ★2014年7月閉店★
フラミンゴ南奥のタクシー乗り場を降りて、エスカレーター前、左。
館内からは、フロント左のエスカレータを降りて右。(徒歩・タクシーで)

「紅華(BENIHANA)」
ウエストゲート(旧:LVH)右奥。(ラスベガスモノレール(有料)か、タクシーで)

「一番(ICHIBAN)」 ★2014年4月郊外に移転★
バリーズホテルの最も奥から、「ICHIBAN WEST」として郊外に移転。
一番入口一番寿司


■■ ハンバーガー ■■
「ファット・バーガー(ファット・バー)」(24時間営業)
ファットバーガーファットバー
モンテカルロ向いの「ファットバーガー」は、ベスト・オブ・ラスベガス賞に輝いた名店。
ホットドッグでなく、ハンバーガーを味わおう!(英語必要度★★)
夏場は、北側で大人向けのアルコールも販売する野外型の店鋪「ファットバー」として営業。
入りにくいと感じる人も少なくないと思うが、他店鋪の「ファットバーガー」や、近くに「ボビーズバーガー」(以下)があるので、そちらを利用しよう。
他店鋪とメニューは、こちらのファットバーガーHPへ。

「ボビーズバーガー・プレイス」(10時〜24時)
ボビーズバーガー「マンダリン・オリエンタル」のメイン通り側。マップへ
ハンバーガーを注文する際、あれこれ面倒なチョイスをする事もなく、英語が苦手な人には、ありがたい。
ハンバーガー名、ポテト、ドリンクを注文し、レジで支払い、レシートを持って席に着くだけ。
メニューは、こちらのボビーズバーガーHPへ。

ラスベガス&ポテトハンバーガーは、どれも$9.50。
(少し高いが中心部では相場)
ラスベガスに来たからと、ハンバーガー名「Las Vegas」を注文すると、赤トウガラシが辛い。
ハンバーガーは「L.A」か「Palace Classic」がお薦め。 ポテト(サツマイモ)は$4。 ポテトとオニオンリングのハーフ&ハーフは$5。


■ お薦めスポット ショッピング編 ■
高級ブランド店ばかりのモールを除く、一般的なラスベガスのショッピングモールはどこも、とにかく広い!
お買い物リストを見ながら、時間内にお土産を買うのではなく、時間に余裕を持って見て回ろう!
日本では、なかなかお目にかかれない珍しいショップも多く、見て回るだけで、ついつい時間を取られてしまう。時間に余裕を持って出かけるようにしたいもの。
ちなみに、バッグの「コーチ」、Tシャツの「ステューシー」などのアメリカブランドが安いのは言うまでもないが、日本の関税率から行くと「靴(スニーカーも含む)」がお得!



■■ 中心部:見て回る系 ■■
「フォーラムショップス」(10時〜23時、金土24時)
フォーラム新館ブランド店など高給ショップが並び、1日5万人以上が訪れる人気ショッピングモール。ブランド店だけでなく、アンティックショップ、スニーカショップ・・と見て回るのが楽しいショッピング街です。
2005年に新館がオープンした事で、名実共にトップのショッピング街となった。アトランティス
特に、最も奥の無料ショー「アトランティス」(毎正時)は必見!
場所:シーザースパレスとミラージュの間。
マップへ


平面図
最新の館内マップ(店鋪名含む)は、こちら。

新館階段
入口から上の階へは、らせん階段を使う。

コーチ
日本人に人気のコーチは、新館2階。



■■ 郊外:アウトレット系 ■■
アウトレットとは、新作のみを扱うショップから新作以外の商品を大量仕入れし、30%OFF〜70%OFFで販売するところ。 店頭にセールの表示がない店鋪では、店内にいる係員が50%OFFなどのクーポンをくれるので、上手に買い物しよう!

Las Vegas Premium Outlets South 「プレミアムアウトレット・サウス」
(旧称:ラスベガスアウトレットセンター)
(10時〜20時、日曜は18時)プレミアム・サウス
同じ名前で「North」と「South」があるので、注意!

「プレミアムアウトレット・サウス」は、コーチやナイキ他、多種多様なショップ約150店鋪を持つ、屋内型のショッピングモールで、タクシーでも$20程度とお薦めのアウトレット。
(降り場が、帰途のタクシー乗り場)
フードコート(ファーストフードの集まり)が2ケ所にあり、軽食には困らない。

全米に店鋪を有する「プレミアムアウトレット」(日本語サイトはこちら)



■■ 中心部:コンビニ ■■
「ウォルグリーンズ」WALGREENS(24時間営業)
ウォルグリーンズ
24時間営業の巨大スーパーコンビニ。食品、薬、化粧品、雑貨、お土産、何でも揃う。
滞在最終日の深夜、買い忘れのお土産の駆け込み寺的存在。ホテル内で買ったお土産と同じ物が、もっと安く売っている場合もあるので、ぜひ、覗いて見よう!
あちらこちらに「Walgleens」の看板Wマークを見かけますが、
1号店 モンテカルロ向い。
2号店 ベネチアン北。
3号店 プラネットハリウッド南コーナー。
が、最も品数豊富。
ABCストア

「ABCストア」

ミラクルマイルショップス内にある、
ホノルルに拠点を置くコンビニ。
他店にはない、女性向けのオシャレな小物がみつかるかも。
CVS
「CVS」(24時間営業)
食料品が多く、これと言ったお土産はないかも。
時間が余れば、少し寄って見るのも良いかな・・程度で。




メインを出す  お薦めその2

Copyright 2002 LVW All rights reserved.